このページでは、勉強の集中力アップを助けるサプリメントについて、ランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「子供の受験をしっかりとバックアップしたい」
  • 「集中力を上げるために良いものを探している」

といった方の参考になれば幸いです。

勉強の集中力を高めるサプリランキング

勉強の集中力を高めるサプリ第1位 さくらの森【きなり】

勉強の集中力を高めるサプリ第1位 きなりの特徴

きなりの特徴は

  1. 1日あたりDHA・EPA・DPAを510㎎と高配合
  2. 「クリルオイル」と「ナットウキナーゼ」をプラス配合
  3. 純国産の原料を使用
  4. GMP認定工場で徹底した品質管理
  5. 15日間返金保証あり

といった感じです。

価格 通常5695円初回特価1980円(税込)送料無料
評価
容量 1袋120粒(約30日分)

きなりの総評


きなりは、学習力や集中力を向上させるDHA・EPA・DPAが、一日あたり4粒に510㎎も配合されているサプリです。

酸化を防ぎ吸収率を高める「クリルオイル」や、ネバネバ酵素「ナットウキナーゼ」も豊富に配合してあって、DHA・EPAの働きをしっかりとサポートしてくれます。

DHAサプリにありがちな、あの魚臭さがないので子供でも安心して口にすることが出来るところが魅力です。


勉強の集中力を高めるサプリ第2位 【Dr.Dekisugi】

勉強の集中力を高めるサプリ第2位 学習サプリ【Dr.Dekisugi】の特徴

学習サプリ【Dr.Dekisugi(ドクターデキスギ)】の特徴は

  1. 1日当たりDHA・EPAを500mgと高配合
  2. 「ホスファチジルセリン」200㎎・「GABA」30㎎配合
  3. 厳選した原料・国内製造で高品質
  4. リピート率97.4%!
  5. 60日間の全額返金保証あり

といった感じです。

価格 通常17600円⇒特別価格8800円(税抜)送料無料
評価
容量 1箱60包(約30日分)

Dr.Dekisugiの総評

Dr.Dekisugi(ドクターデキスギ)は、学習特化型サプリメントとして作られており、特に脳細胞を活性化させ集中力を高める働きをするDHAをより多く摂取できるような配合になっています。

また、DHA・EPAと一緒に摂ることで相乗効果が期待できる「ホスファチジルセリン」や、ストレス環境をサポートする「GABA」といった成分も高濃度に配合してあるところが魅力です。

他のサプリメントに比べて価格が割高ですが、もしもの場合には全額返金保証もあるので安心して購入できるんじゃないでしょうか。


勉強の集中力を高めるサプリ第3位 佐藤製薬【美健知箋(ビケンチセン)EPA&DHA】

勉強の集中力を高めるサプリ第3位 美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAの特徴は

  1. 1日あたり含有量EPA200㎎・DHA550㎎!
  2. 継ぎ目のない小粒のカプセルで飲みやすい
  3. 体内で溶けるスピードが2倍の速さ
  4. 特殊なアルミパックの個包装で酸化を防止
  5. 定期コースは初月からでも解約OK

といった感じです。

価格 通常6480円⇒初月限定1000円(税込)送料無料
評価
容量 1箱30包(30日分)

美健知箋EPA&DHAの総評


美健知箋EPA&DHAは、あのユンケルで知られている佐藤製薬がこれまでの製薬会社としてのノウハウを駆使して作り上げた集中力アップサプリです。

小粒なので子どもでも飲みやすく、酸化防止や品質管理など徹底して作り上げられているので安心して口にすることができるところが魅力です。

初回の購入金額が1000円と格安、しかも初月から定期解約も可能ということで気軽に始められるところがいいですね。

受験に打ち勝つために親子でやっておきたいことは?

受験当日は、あっという間にやってきます。入試前までに、親子でやっておきたい事は一体何でしょうか?

栄養バランスのとれた食事を摂る

何より大切なのが、健康を維持するための栄養バランスのよい食事です。

どんなに受験勉強を頑張っても、入試当日に体調を崩しては元も子もありません。

また栄養不足は、集中力や記憶力、思考力、判断力などといった脳の機能にも影響します。

効果的な受験勉強のためにも、栄養バランスのよい食事は必須なのです

生活リズムを整える

基礎的生活習慣の定着が必要だと言われています。

早寝・早起きや3度の食事といった規則正しい生活習慣は、疲労回復や脳の活性化によいとされています。

風邪やインフルエンザ予防に温度・湿度を管理すること

冬には風邪、インフルエンザやノロウイルスの流行期です。

室内の温度・湿度管理をした清潔な部屋で、受験生も家族も健康に過ごせるよう、最大限努めましょう。

うがいや手洗いはもちろん、予防接種を受けることも選択肢の一つです。

家族が仲良く過ごしてストレスをためすぎない事

受験期は、お子様にとっても保護者の方にとっても気持ちが落ち着かないものですが、受験生を過度に特別扱いせず、いつもどおりの生活が送れるよう心がけることも大切です。

そのためには、いつもどおり家族が仲良く過ごすことが良いのです。

お子様の性格や年齢によって保護者の方の対応方法も異なりますが、上記の4つはどの学年にも該当するのではないでしょうか。

お子様が受験日にこれまでの努力の成果を発揮できるよう、温かくサポートして親子一丸となって受験に打ち勝ちましょう。

DHA・EPAの働きとは?

オメガ3脂肪酸であるDHAやEPAはという栄養素はどちらも脳の血流を良くし頭の回転速度を上げる効果があります。

勉強したことをしっかりと脳に記憶させるためにも、受験生は、この栄養素を摂取すると勉強の効率を上げることができまると言われています。

受験を控えている人が欲しい能力には記憶力があります。

オメガ3脂肪酸の中でも特にDHAが脳に良い効果があると学会等で発表されています。

実際に記憶力にどの程度の影響を与えるのかと、ラットを使って実験が行われました。

DHAを摂取させたラットとそうでない普通のラットを使い、ゴール地点に餌を置いた迷路に挑戦させる実験です。

その実結果によると、DHAを摂取させたラットの方が、そうでないラットよりも正解率が高かいという結果になりました。

また、脳の中に多く含まれている成分であることから、生活の中でDHAを摂取すると何より優先的に脳に取り込まれていきます。

DHAは、血液脳関門を通過できる数少ない物質であるため、記憶力に直接的に影響します。

継続して摂取することで、記憶力はもとより、脳細胞全体の活性化が期待されるのです。

脳の働きを活性化させるDHA、EPAの成分を摂取することで、記憶力や意欲が向上し、受験勉強の効果アップにつながります。

DHA・EPAがしっかり摂れる食べ物は?

オメガ3脂肪酸が健康や美容、更には脳にまで良いとしてテレビでも話題になっています。

受験生にも是非積極的に摂りたい栄養素になります。

厚生労働省も生活習慣病予防に重点を置き、食物繊維やカルシウム、カリウム等と共にオメガ3脂肪酸も増やすべき栄養素として目標量を設定しています。

それでは、オメガ3脂肪酸を多く含む食品にはどんなものがあるでしょうか。


DHAやEPAはオメガ3脂肪酸の中でもよく知られている脂肪酸でしょう。

これらは、植物プランクトンが合成するのですが、人間はそれを食品としては食べられません。

そのため、その植物プランクトンを食べた魚を食べることで摂取出来ます。

中でも、アジ、サバ、サンマ、イワシ等の青魚系はオメガ3脂肪酸をたくさん持っています。


このような油に含まれるアルファリノレン酸は、DHAやEPAの前駆体(作り出す親の存在)であり、オメガ3脂肪酸の一種として捉えています。

一般的な植物油には、あまり含まれていないので注意が必要です。

オメガ3脂肪酸を多く含む食品を積極的に毎日食べることで健康を維持したいですね。

DHA・EPAサプリを活用しましょう

オメガ3脂肪酸であるDHA、EPAが脳の活性化促す効果があり記憶力や集中力を高める効果がある事は分かりました。

では、1日に一体どれくらいのDHAとEPAを摂取するのが理想なのでしょうか。

厚労省ではDHA・EPA合わせて 1日目標摂取量を1gと推奨しています。

DHAとEPAは青魚に多く含まれる成分であり1gという量は『青魚の約100gに含まれる量』です。


大きめの切り身で約1切れ、刺身でいうとマグロやハマチでは3~5切れ程の量で摂取できる量です。

しかしDHA・EPAは過熱に非常に弱く、煮魚や焼き魚では成分が20~30%失われてしまいます。

毎日、これだけの量の魚料理を食べることは難しいうえに、育ち盛りの子供にとっても、魚以外にもたくさんの食品を食べて欲しいというのが親心だと思います。

また、現代の子供は魚離れが進んでいるため、魚料理に抵抗があるお子様もいると思います。

そこで、オススメしたいのがDHAとEPAのサプリメントです。

サプリメントなら、一日の足りない分を補うことが出来るので、魚が苦手なお子様にも簡単に摂取して頂けます。

また、料理方法によっては損なわれてしまうDHA、EPAの成分を効率よく摂取出来ます。

ただし、サプリメントはあくまでもサポート的なものなのでそれだけに頼らないようにして、日々のバランスの取れた食事を心掛けましょう。

また、アレルギーや持病をお持ちの方は、掛かりつけのお医者さんに相談の上、サプリメントを使用するようにしましょう。

DHAサプリには副作用はありませんか?

摂取する事で、脳の働きを活性化して、記憶力や意欲の向上に効果的なDHA、EPA。

お子様の受験勉強の為にも食事に加えてサプリメントでも積極的に摂取したい栄養素ですが、副作用等気にされる方もいらっしゃると思います。

結論からすると、DHAサプリメントは自然由来の健康成分であり医薬品ではないので副作用はありません。

しかし、DHA・EPAも脂肪酸なので、摂取しすぎると消化にやや負担になる場合もあります。

下痢や吐き気、胃もたれなど、胃腸の不快症状が現れることがあります。

また、血液の流れをよくするので、飲みすぎると血が止まらなくなる作用があります。

用法用量を正しく守り、過剰に摂取しなければ、DHA・EPAサプリメントは安心安全にお使い頂けます。

ただし、アレルギーのある方や持病のある方で薬を服用されている方は自分で判断せずに、お医者さんの意見を最優先に相談の上、DHAやEPAのサプリメントを取り入れましょう。

DHAサプリを選ぶポイントは?

脳の活性化によくIQ数値が高くなるという事例も発表されているDHAとEPA。

どちらも注目の栄養素で、様々なメーカーからサプリメントが販売されています。

サプリメントをはじめてみたいけれど、数が多すぎてどれを選んでいいかお悩みの方もいらっしゃると思います。

下記に選ぶポイントをご紹介致しますので、ご購入の際はチェックしてみて下さい。

DHA・EPAの含有量

販売されているメーカーにより、その含有量も異なります。

500mgを一日で摂取出来るものを選ぶといいと思います。

商品の有効性

しっかりと研究されているメーカーのものは、パッケージ等で医学論文で効果を示しています。

何も調査されていないものよりも、科学的根拠に基づき、効果が出ているサプリメントの方がいいですよね。

商品の安全性

GMPマークがあるものを選ぶというのもポイントです。

GMPとは国により定められた医薬品の製造基準のことです。
このマークがあるサプリメントはその基準を満たしているものなので安心出来ると思います。

その他にも、サプリメントは短期間で効果が出るものではなく、継続して服用することで、効果が実感できます。
そのため、長期的に続ける事が可能なサプリメントを選ぶのが大切です。
価格や、定期コースのシステム、返金保証等もよくご確認の上、ご自分にあったものを選ばれるのが一番だと思います。

勉強の集中力を高めるサプリ 私のイチオシは【きなり】

ここまで、勉強の集中力をアップさせるサプリについていくつか紹介してきましたが、私が一番おススメなのはやっぱり「きなり」です。

きなりは、健康食品でおなじみの「さくらの森」が、日本一のDHAサプリを目指して作られただけあって、成分や配合量、品質の面などに大きなこだわりをもっているサプリです。

集中力や学習力を向上させるDHA・EPAに加えて、希少なオメガ3脂肪酸「DPA(ドコサペンタエン酸)」も配合してあり、一日あたりわずか4粒でオメガ3脂肪酸がしっかりと摂取出来るところが魅力です。

粒も大きくないので、子供でも水やお湯と一緒に飲みやすいと思います。

もしも一度に4粒飲むのが辛い場合は、朝と夜の食事の時に飲むといいでしょう。

きなりに関して特筆すべきは、DHA・EPAサプリにありがちな魚臭さが無いというところです。

飲んだ後も、体の中から臭いがこみ上げてくるということもありません。

それくらい、きなりの臭いに対する対策はしっかりしていると言えますね。

せっかく集中力を高めてくれるサプリでも、臭いが気になっては続けられないのでここはポイント高いと思います。

また、きなりには、酸化を防ぐクリルオイルが配合してあり、さらに吸収性も高いです。

受験生にとって必要な栄養素が、品質を維持したまましっかりと体内に届くので、一度は試してみる価値があるサプリだと思います。

きなりは、GMP取得工場という最高レベルの品質安全管理のもとで製造されているサプリなので、安心して口に出来るところも嬉しいですね。

手が伸ばしやすい価格設定と、もしもの時でも返金保証があるので安心です。

成分、品質、飲みやすさ、価格、保証システムなど、総合的に判断して、私のイチオシはきなりです。

更新日:

Copyright© 勉強の集中力を高めるサプリまとめ【受験に打ち勝つために必要なもの】 , 2017 All Rights Reserved.